FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.05.08 (Thu)

ランチジャー比較~温度編~

ランチジャー比較実験本命の温度編です
ランチジャ- 
  •   本体 →沸騰したお湯を入れて2分放置、お湯を捨てる
  • 汁物容器→熱湯をやかんからジャー
  • ご飯容器→レンジでチン(冷ごはんを2分)(ご飯容器2/3量)
  • この日の室温20.2℃
前の実験はコチラ(←クリック)
前の時は汁物容器はカレーだけど今回はお湯で(笑)
ランチジャー 
5時間後開封です
  • 汁物容器87.6→63.8(23.8℃
  • ご飯容器98.2→58.0(40.2℃
やっぱり結構下がってるね~、
だがしかーし!
平均温度60℃って汁物は湯気が小さく出ます♪ご飯はホカホカ♪一般的な電気炊飯器の保温温度が約70℃前後なのでアツアツではないけどホカホカで食べごろです
サーモスのスペックとしては「保温効力(6時間) 64度以上 」なので汁物容器の63.8℃はまぁ、イケてるんじゃないかな?
ご飯を満タンにして、汁をグッラグラ沸騰させて容器を保温してから入れればスペック通りでしょう
ランチジャー 
↑は前のランチジャー実験結果です
ご飯で8.4℃、汁で9.7℃サーモスの方が高い
この温度の差は20年の経年劣化かな?それでも十分あったかく食べられます
↑クリックするとスペックがのってます♪ここのお店が一番見やすかったのでここで買いました

でも~、この間の様に肉まん3個入れたり、つけ麺を入れるには小さいかもね(笑)(そもそもそんな風に作ってないから!(爆))だから物によって使い分けてくので象さんも現役続行です♪まだまだよろしくね♪
お弁当 
っで、お肉をどーんと入れたい日にはこうなります♪お肉もご飯もホッカホカ~
お弁当用には毎朝オーブントースターが大活躍~♪↑のとんかつ用ロース肉は前の日に味噌+みりんに漬けておいてオーブントースターで15分チンすれば出来上がり~予熱もいらないしいきなり入れて焼けるので便利に使ってます♪
↑うちのはこのシリーズのずっと前の物だと思う、だって「ナショナル」って書いてあるし(笑) でもNT●●って品番が書いてあるから後継機がコレだと思います、1000W・250Wの2段切り替えで単純な作りのものだからね(マイコンとか搭載してない)
鶏肉やお魚もたいてい15分で焼き上がるので便利です♪

スポンサーサイト



タグ : お弁当 ランチジャー サーモス 象印 実験

06:17  |  お弁当  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2014.02.20 (Thu)

のり巻き~♪と実験、ランチジャー酷使(笑)

お弁当 
今日のお弁当ランチジャーお休みでのり巻きです
  • いつだったかの生姜甘酢漬けのしょうが焼冷凍・シソ・卵(この間の天津丼弁当の残り冷凍)
青菜が二つ入ってるけど?ええ、巻き忘れです(笑)
巻いてて今日のはゆるいな~と思ったものの、気がついても解体出来ないしねぇ?じゃあ隙間にって事で一つの青菜は
に入れてくださいってことで(笑)

なして今日はランチジャーお休み?冷蔵庫に食材無くなった?(いつもないけど(笑))
それはね?実験の日が早まったから
今回の実験は「ランチジャー、ご飯容器の蓋を開けても君は頑張れるかい?」です
今回の実験相手は、昨日の肉まんおにぎりです
このランチジャーを手に入れた時にした実験結果はあるので第2弾ね
ランチジャー 
いつもの通り本体を予熱しスープ容器に熱湯を入れてセット、今日ご飯容器に入れるのは肉まんおにぎりはレンジでアッツアツにしてアルミでくるみます、どっちにしろ熱で蒸れるのが予想にたやすいのでラップは最初から選抜メンバーから外し、ホイルを選択、が、最近は便利なものが多いので「おにぎりホイル」も参戦、食感がいい方を選ぶって事に
MrMax アルミホイル 25cm×8mタイプ

MrMax アルミホイル 25cm×8mタイプ
価格:35円(税込、送料別)

ランチジャーの中で戦ってもらいます(笑)
こんな感じ
(昔の画像使い回し)
本体にセットされてるのはスープ容器とご飯容器・蓋なし、大体画像の線部分まで入ってます、問題は「おかず」
絶対普通のおかず入れたら痛む大体肉まんっておかず入ってるし?ってことでランチジャー
(一応おかず容器とおにぎりの間にいつも入れてるギラギラシートとキッチンペーパーをたたんだものを入れてあります)
を入れます、フィルムで包まれてるし大丈夫でしょう♪(多分)

都合により7時間後試食(私が)
結果
肉まん50℃
おにぎり52℃
ラーメン、フィルム濡れてもいない
(けどおかず容器自体はかなりあったかいので普通のおかずはやっぱり無理)
あったかいまま食べられた
やるじゃん!ランチジャー
(20年近く前の物でもイケるってすごい(笑))

問題のホイルはおにぎり用でも普通のでもくっつくことなくはがせました、心配するほど濡れたり蒸れたりしてないからラップでももしかしたらイケるかも
これは
を作って入れて
をあっためて入れて持って行けば温かいセルフサンドもイケるね(笑)
とかも入れられる(コレはそのままご飯容器でイケるだろうなぁ)
作ってる側としては毎日ご飯詰めても飽きるのよ(笑)たまにはちがうものご飯容器に入れたいって(笑)
それに息子の部活弁にもあったかいおにぎり持っていかせられるしね♪(冷飯好きな息子には断られるだろうけど(爆)
↑多分ウチで使ってるのはコレの前の型?だと思うんだよね、もらった時点で型番シールもこすれて見えなかったから怪しいけど、象さんSUGEEEEE!
↑でもおかず容器が別な方が心持ち安心しておかず入れられるんだよね(T_T)だから多分次はこっちに買い替えると思う、で、おかず容器は象さんの使って1個ですます(笑)

テーマ : お弁当 ジャンル : 趣味・実用

タグ : お弁当 ランチジャー 部活弁 実験 のり巻き 肉まん おにぎり

15:59  |  お弁当  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  編集  |  Top↑

2014.02.19 (Wed)

つーくーねー♪

お弁当 
今日のお弁当
  • 鶏つくね
  • 小松菜のソテー・トマト
  • 小結しらたきのしょうゆ煮
  • ご飯(ゆかりふりかけ)
  • 味噌汁(大根)
つくねは玉ねぎのすりおろしを入れてるからフワッフワです甘めのタレで焼き鶏のイメージで♪
↑イメージはこうゆう感じで(笑)
↑こんなに大量じゃないけど、めんつゆとしょうゆで煮ただけです(笑)

厚揚げ
↑昨日の晩ごはん厚揚げのチリソース♪
「会社でもうちでも料理♪♪♪」のsyuさんのレシピです♪息子の体調が低空飛行なので卵抜きで作りました。おいしかったです(*^_^*)ごちそうさまでした♪

・・・眠い、昨日の夜、とある実験について、もの凄い妄想&計画をしていたので眠いです(笑)
妄想の方法は(笑)布団の中で目を閉じてひたすらコレをこ―して、あっちはこうやって・・・むむうって唸りますそんな壮大なものじゃないのにねー?(笑)

テーマ : お弁当 ジャンル : 趣味・実用

タグ : お弁当 ランチジャー 晩ごはん 実験

09:33  |  お弁当  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)  |  編集  |  Top↑

2011.10.02 (Sun)

結果発表~(笑)

こんな感じ 
下の日記の続きです6時間たったので開けてみま~す。
こんな風に入ってるんですよ(^o^)
トマト 
ごはん 
カレー 
とりあえず、こんな風に温度を測ってみます、湯気が出るほど暖かいわけではないようです、(20年前のものだしね)
最近のランチジャーならもっとすごいのかなぁ?でも、ちゃんとあったかいですよ
結果 
結果(6時間後)
  • ご飯 87.2℃→50.4℃(36.8℃
  • カレー88.7℃→54.1℃(34.6℃
  • トマト  15℃→32.3℃(17.3℃
という結果になりましたカレーもご飯も35℃前後下がっていますトマトは約17℃上昇
ん~これは・・・どうなの?まぁ、思ったより危険なぬるさではないからヨシとして良いのかな?

こんな感じ 
壊れてないってことだよね?多分、ふふよかった!
思うに古いってだけではなく、上の画像の通り、ご飯に至っては半分以下しか入ってないのもあるかな、でも食べきれないから(笑)
ご飯容器は本体にセットする前にレンジでもう一回加熱して、スープは沸騰させて、ってやればもう少し保温できるかな?どうだろう?
問題はおかず容器だ、青菜のおひたしとか入れるときはちょっと注意して入れよう、ご飯とおかずの容器の隙間に保冷バッグのギラギラしてるアルミシートでも挟んだら断熱になるかも!(フタが閉まれば(笑))
後はこの本体を入れる袋があればもう少しましになるかもね♪
どうしよう・・・ちょっとめんどくさい(笑)のと楽しいので板挟みだわ、私(笑)
これが使えたら、ふふふふふふ、あれもこれも入れたい、ふふふふふふふ♪

テーマ : お弁当 ジャンル : 趣味・実用

タグ : お弁当 実験

19:34  |  お弁当  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2011.10.01 (Sat)

実験中~使ったことのある方~!教えてください!

20年近く前のもの 
今日の実験材料はいつものパンではなく、「ランチジャー」です
夫の実家から貰いました、何回かは使ったけど、面倒で、捨てるには忍びない・・・と蔵の奥で埃をかぶっていたのを貰ってきちゃいました
多分20年位前のものです(もっと前かも・・・)ウチで拭いたらピッカピカになりましたお箸を入れる枠(後ろに付いている)もプラスチックの場所がずれてて使えないし、お箸ももちろん紛失、説明書なんかありません(笑)でも、フタはちゃんと閉まるし、本体を振ってみても変な音はしないし(なんでも振ってみる(笑)テレビは叩いて直すから(笑))一回使ってみればいいじゃん?と思って(^o^)
月曜日はカレーを持たせる予定(爆)
実験用なのでレトルトです ・・・でも、休み明けのパン弁当の代わりに、レトルトいいかも(爆)

こうゆうのは使ったことがないので、検索するも、ほしい情報にHITせず まず、心配な点としては
  • どのくらい保温できるのか?
  • 容器に詰まった食べ物の温かさはいかほどのものか?
  • 腐敗しないのか?(特にレタスが入ってるおかず容器)
  • そもそも、壊れてないの?大丈夫?(20年位前の物)

そんなわけで実験開始~♪
とりあえず、調べたところによると、事前に「本体」と「ご飯容器」と「スープ容器」にお湯を入れて温めておくと保温力UPらしい・・・ちょっと待て、もしかしてメンドクサイポイントってここか?
確かに、本体だけならいざ知らず、容器2個にまでお湯を張るのは面倒だ(笑)本体にお湯って満タン量まで入れたら結構な量だよ?これ?
ま~、でも、ステンレスだし、半分も入れてしばらくおけば熱だって伝わるだろう?って事で本体の半分量まで熱湯を入れます(笑)手間を省けることにつながるので、今日はご飯・スープ容器にはお湯は入れません

のちに中の容器にお湯を入れるようになっても、本体の空いている所に容器のお湯を入れて拭いて(ここも細かいこと言えば気になる、細菌的に)→ご飯・おかずを詰める→最後に本体のお湯を捨てて拭き、組み立てるにすればいいしね
実験中 
大体私の普段の生活としては(月~金)
朝5時位に起床→台所へ行き米を炊き始める(鍋炊きなので)→その間にクイックルワイパーで床の掃除(なるべく人間が歩き回らない、埃の舞わない内に(息子のハウスダストアレルギー対策です))→おかずを作り、冷ます。同時進行で朝ご飯を作る→合間にブログ更新(笑)でできています

心配な点その1・2として「どのくらいの時間保温?・食べ物の暖かさは?」があるので、夫が食べるのは12時、調べたところによると5~6時間は温かいらしいので↑の紙に書いてある時間は12:30(詰めた時間です)今日の晩御飯(6:30・6時間後)に私がこれを食べて保温力を確かめてみます(これによって容器を温めるかどうか判断)そして毎朝お弁当箱におかず等を詰める時間を逆算することにします。

心配点その3・「腐敗しないの?」はどうやらこのランチジャー、下から「スープ容器」・「ごはん容器」・「おかず」でできていて、おかずの所は保温されない作りになっています、でもさ、下は温かいんだよ?素人としては気になるじゃない?暖かいものの上におかずじゃん?って、
なのであえてここはレタスとトマトをチョイス、カレーにも合うしね(^o^)
暖かい方にしてもここは安全性を考えて「85℃・1分」(ノロウイルス対策)とまでは行かなくても「最低でも75~85℃以上」に加熱してから入れたいので、 アツアツに加熱して一応温度を測りました
レタスとトマトは冷蔵庫から出して、少し放置してから(いつものように、準備する時に出して洗って水けをきっておく)詰めました(トマトに温度計をさしたら15℃)

これで最も心配な「そもそも壊れてない?コレ?」がクリアできたら普段お弁当に入れられない、あんなものやこんなものを持っていかせられる・・・と思うと思わず台所で不気味な笑みを浮かべてしまうのでした
これとはタイプが違うけど、柄の長いものを使っています、安全性もあるけど、オーブンなんかで焼きものをして「焼けてる?コレ?」が心配な時に温度で確認したりしています(笑)
いいなぁ、バックが付いてる~、夫は男の人にしては小食かもしれないので(私よりは食べますよ?)もらったランチジャーだとご飯容器にすごく余裕があいてしまう・・・これは小ぶりみたい
こっちの方が男子向きかなぁ?この1.4合って「炊けたご飯約何杯分」で表記してくれないかなぁ?もしくは「何g」でその方がわかりやすいのに~
これもいいなぁ、でも、ご飯の所が大きいような気がしないでもない
バッグがかっこいい!・・・でも、おかず容器2個って(~_~;)深めの容器1こじゃダメ?おかずネタに困りそう(~_~;)でも、このバッグかっこいい(笑)

テーマ : お弁当 ジャンル : 趣味・実用

タグ : お弁当 晩ごはん 実験

15:00  |  お弁当  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT